検索

白菜を描こう!!

松組さんの造形では、冬野菜の代表『白菜』を描きました。

まずは五感をフル活用して白菜と関わります。


丸ごとの白菜、縦半分に切ったもの、葉っぱだけ、ゆでた葉っぱ

それぞれの白菜に触れて、においをかいで、気づいたことや感じたことを

言葉にして、友だちや保育者と共有する子どもたち。


さあ、たくさん白菜に触れたら、早速描きます!

画材はクレヨン&絵の具です。

どちらかだけでもいいし、どっちも使ってもいいよと伝えました。



絵の具は赤青黄の三色!自分なりに使いながらどんどん描きます。

クレヨンと組み合わせてはじき絵の技法を使う子、おばあちゃんの家

で育ててる白菜を描く子、白菜の断面やお花に魅力を見つけた子・・・

子ども達の中にある白菜が画用紙の上で踊ります♪

白菜に直接絵具をつけてスタンプしてみる天才もいました(≧▽≦)!


白菜と向き合い、白菜から自分の体に中に取り込んだ感覚を画用紙

いっぱいに解き放ち、目をキラキラさせて、息切れしながら

『楽しい~~~!!!』と叫ぶ子どもたち。

造形はこれからも、こうして子ども達の成長のお手伝いができる

活動でありたいと思っています。


さあ、次は何しようか!?


記事(辻)